読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take0 (ていくぜろ)

take01973が自己の能力開発に取り組むブログです。デジタルガジェットを駆使したり、本を読んだりと。ブログの成長は自分の成長。日々の思いや感情も書き綴ります。

執筆環境を整えたい欲が定期的にわいてくる

私のブログを見ればお分かりでしょうが、私は電子機器や手帳が好きです。

どうして好きなのかはさておき、毎年、定期的に何らかのジャンルにおいて欲しいものを探す行為をしてしまいます。

 

最近では、仕事やその他の趣味の文章を快適に書く!という執筆環境を整えたいという欲がわいてきました。

その執筆環境を整える欲に必ず現れるガジェットが、執筆専用マシーンであるポメラです。

 

 これが最新型です。

もう、書くために余計な機能を省くという潔さが最高です。

また、最新のDM200では、アウトライン機能もついています。

これ単体で文章を構造的に書くことができるのです。

 

ポメラキングジムのパソコン、ポータブックも気になります。

 

キングジム ポータブック クロ XMC10

キングジム ポータブック クロ XMC10

 

 こちらはポメラ譲りのキーボードがついたれっきとしたWindows10が走るパソコンです。

だからATOKを入れて自分の好きなエディタをインストールすれば、もうカスタマイズされた自分なりの理想の執筆環境が整うわけです。

クラウドを使えば同期もできますので、ある意味執筆環境を整えるにはベストの選択になり得るわけです。

 

ところで私の愛用のパソコンはMacBookPRO13インチRetinaモデル (Retina, 13-inch, Mid 2014)です。

今となっては旧型ですが、USBが2つついてますし、SDカードの差込口もついています。画面も見やすく使いやすいパソコンです。

これをMacBook12インチ(無印)に置き換えたいという気持ちもふつふつわいわいてくるんです!

 旧型↓

 

 新型↓

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/スペースグレイ)

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/スペースグレイ)

 

 なぜ性能もやや劣ってしまうだろうこの無印Macにしたいかというと、重さとキーボードの打ちやすさへの期待感です。

重さは、やはり執筆環境を整える上で大切な要因。いつでもどこでも書きたいならば軽い方が便利です。

そしてキーボード。

私はブラインドタッチが苦手です。

でもこの大きさのキーなら! という期待と浅いストロークが案外打ちやすいという記事をよく見ているための思い込みです。これがMacを置き換えたい理由となっています。

 

さて、この3つが執筆環境を整えるための候補となるガジェットなのですが、ここで忘れてはいけないのが価格。

 

この中で一番安いポータブックは、現在投げ売り状態で2万円。

DM200は、4万円を切るくらい。

MacBook12インチが10万円超え。

 

「ほしい理由が値段なら買うな!」

「買えない理由が値段なら買え!」(だったか忘れましたが) 

という言葉もありますが、しかしながら、どれも魅力的なんです。

 

しばらく悩みます。

 

そういえば実はポメラのDM20を中古で手に入れてましたが、こちらは快適に使っていたものの、すぐに矢印キーが反応しなくなりファイルの選択など諸々の動作ができなくなって使えなくなりました。故障です。

 

3つのガジェットのうちにどれを手に入れるのか?もう少し考えたいと思います。